外国車が私のステータス

外国車が私のステータス

自動車には様々な楽しみ方があります。例えば、モータースポーツとして、純粋にその走りを楽しむやり方や、家族の足として様々なレジャーに活用する方法などがありますが、その中の一つに、「ステータスシンボル」として外国産の自動車を乗りこなすという楽しみ方も存在しています。

MT車の発進時のクラッチ操作 – その他(車) – 教えて!goo

例えば、メジャーなブランド名で挙げていくと、「ルノー」や「BMW」、その他、スポーツブランドとしての付加価値もある「フェラーリ」などの外国産自動車を所持委することそのものが、多くの男性にとってステータスとなっています。

チューニングの基礎 | 株式会社エッチ・ケー・エス

実際の所有者データを見てみると、これらの車のオーナーは、比較的富裕層が多いことが確認されています。会社社長や重役が、プライベートで乗る車にこれらを選んでいることも少なくなく、それらのオーナーには、「外国車が私のステータス」と明言している方もいらっしゃるのです。こういったこともあり、外国産の車、特に高級車は、日本において一定以上のステータスを持っている証明書代わりにもなっています。
実際問題、これら外車の維持費用を考えてみると、日本の車のそれよりも高額な傾向が見られます。現実的に、海外の自動車を購入し、その上、それらを維持していくには、どうしても一定以上の収入が必要となります。

廃車はこちら

こういった様々な要素を踏まえ、外国車を所持することは、一定以上のステータスとされるのです。