僕のお父さんはソーラーパネルを取り付けています

僕のお父さんはソーラーパネルを取り付けています

若者に人気の男性音楽グループの曲で、プロモーションビデオにフリーアナウンサーが出演している曲がある。

放電加工機(EDM) | 三菱電機 FA

その曲は、働くお父さんに向けた応援歌という感じの曲で、プロモーションビデオの中でも、そのフリーアナウンサーと、父親を尊敬し応援している息子が描かれている。授業参観を観に来た父親の前で、アナウンサーをする父親を尊敬し、将来はお父さんのようになりたいという内容の作文を読む息子が描かれているのだが、私はそのプロモーションビデオを観るたびに、少し複雑な気もちになってしまう。ビデオに出てくるお父さんは背が高くルックスが良く、多くの人に知られている人気アナウンサーだ。もし父親がそんな人物だったら、尊敬して憧れるのは当然だろう。

仙台 太陽光発電

だが、そうではない普通のサラリーマンならどうなのだろう。例えばうちの息子は、授業参観の作文で、僕のお父さんはソーラーパネルを取り付けていますと発表するのだろうか。今でこそ太陽光発電やソーラーパネルという言葉は聞き馴染みのある言葉になりつつあるが、ちょっと前までは地球環境に優しい発電方法だが、コストがかかりすぎるため実現は難しいものだった。ごく一部の金持ちが、地球環境にも配慮しているアピールとして、高い費用をかけて設置していたイメージだ。まだ一般的とは言えない商品を販売し、取り付けをしている父親のことなど、どこかで耳にしたことがある大手企業に勤めている親には負けてしまうに決まっている。

セラミックアレスタ(GDT:ガス入り放電管) – 雷対策、雷防護製品、雷情報は雷総合企業のサンコーシヤ

子どもたちの世代までにクリーンなエネルギーである太陽光発電を一般化し、ソーラーパネルを取り付ける本当の意義など、作文を聞いただけではお友達どころか、保護者や先生にも伝わらないだろう。