これからの調剤薬局に期待するもの

これからの調剤薬局に期待するもの

2013年現在、薬剤師が必ず常駐し調剤が行える薬局=調剤薬局の件数は5万5千件を突破し、今後は同業他社との競争が激化していくであろうことが予想されています。特に都心部で見てみると、2010年の段階で東京では既に6100件を越えており、日本第二の都市である大阪でも3500件を突破。人口が集中しているエリアに、多くの顧客が集まるという商業の原則を元に、そこに多くの薬局が建てられるという集中現象が起こっていることが伺いしてます。

反面、いわゆる「過疎地」と呼ばれている地域では、医師や診療所の数とともに、これらの調剤を行う薬局の数がたりず医療の空白地が発生しているケースも散見されています。

遊助 『処方箋』 – YouTube

このように、現代は薬局の店舗数においても二極化が進み、「多いところにはより集まり、少ないところはより減少する」という状況にありますが、そんな中、地域住民がこれからの調剤薬局に期待するものは何でしょうか?
その答えは、地域によって様々ではありますが、一つ共通していることは「地域住民の不安を取り除く存在であってほしい」という真剣な願いです。特に山間部などの過疎地では、医療機関が少ない分、どうしても薬局にかかる期待も、都市部のそれに比べて大きくなる傾向が見られます。

中国理解の処方箋 – 連載・コラム – SankeiBiz(サンケイビズ)

各薬局もこれらのニーズを真摯に受け取り、今後の店舗運営、ひいては出店計画に役立ててる方向で調整が進められている模様です。